<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
リビングに飾っています

先日、写真展に来てくれた方と話していたら、
「みなさん、写真は家のどこに飾っているんでしょうか?」
という話題になりました。
大きな写真は飾れないとおっしゃる方もいますが、
意外と家の壁面には白場が多かったりします。

早速、前回の個展で写真をお求めいただいた方に
「どんなふうに飾ってますか?」
と聞いてみました。
あわせて、選んだ理由や楽しみ方なども聞いてみたところ
ささっとメールで返信してくださいました。
ありがとうございます!
公開してもいいですよ。と気さくに言っていただいたので
そのまま紹介します。
-----------------------------------------------------------------------
*リビングに飾っています
以前は、リビングの同じ場所に金子國義や、ゴッホ美術館のポスターを飾っていまし
た。そろそろ飽きてきたので、ポスターで探していたんですが、どこかで見たことが
あるようなイラストや絵画、写真ばかりで、なんかつまらないなあと。
toricoでこの写真が展示されているのを見たとき、ああモノクロの風景もいいなと、
ピンときました。ちょっとザラついた紙の質感も高級な感じでよかった。ポスター
は、照明の当たり方や見る角度によっては安っぽく光って見えるときがあったので。
少し気がかりだったのは、リビングにある英国アンティークのチェストとの相性。モ
ダンなモノクロ写真と黒フレームに合うか心配しましたが、大丈夫でした。部屋が
ぐっとモダンに、そして明るくなりました。
ソファに座ったときに、ちょうど視界に入るので、なにげなくボーッと眺めるのが好
きです。写真はパリの風景。パッと見には何が写っているかわかりにくい不思議な写
真なので、逆にじっと見ているうちに風景の中に入っていけるんです。


新宿OZONE

調べもの仕事で新宿OZONEへ。
ゴールデンウイークイベントとして「クラフトマーケット」やってました。
24日、今日からみたいです。
面白かったのが既存ショップのワゴンセール。
ついついはしご。
革の色見本とか布見本とか、業務用のサンプル端切れが山盛り。
何に使ったらいいのかなあと思いつつ、ただただ色とかかたちとか好みのものを
5枚も買ってしまいました(革)。
まとめて買うと500円が300円になるって言われて。
お店の方はおすすめ上手です。
スタジオ戻ってなんとなく切ってみました。
コースターのつもりです。





ベルギー大使館オープンハウス
ベルギー王国大使館の建物を使った
「old Embassy」というイベントに行ってきました。
100% Design Tokyo に参加していた
ベルギーデザイナー集団をはじめ、
現代アートの作家さんたちが写真やビデオアート、
壁画、インスタレーションもろもろを自由にやってて、
結構楽しめました。



ベルギー大使館の建物は今月中旬に取り壊されるみたいです。
(2009年に大きなビルに生まれ変わる)
鎌倉レトロ建築
先週末、仕事で鎌倉に行ってきました。


あいた時間に御成通りにある「旧安保小児科医院」に立ち寄り、
一般公開されている診察室などをのぞかせてもらいました。


ここは大正から平成7年まで、小児科医院として使われていた建物で、
現在は鎌倉の自然や歴史的建造物を守る「鎌倉風致保存会」の事務所として
使用されています。
建てられたのは大正13年。外壁は漆喰塗りの大壁で、インテリアは小児科というだけあって、ところどころ子供たちが喜びそうな装飾が施されています。
待合室には太陽が笑う大きな絵、診察室には三匹の子豚のレリーフや動物の刺繍アート、
鶴をかたどった天井飾りなど、あったかくて可愛い飾りがたくさん。がかわいいです。



ちなみに、鎌倉風致保存会とは、1960年代に作家の大佛次郎氏などが参加した鎌倉の景観を守る市民運動の流れでできた団体。
日本のナショナルトラストの先駆けだそうです。

大佛次郎といえば、今や「大佛茶廊」が有名ですね。
今週末10月20日(土)21日(日)は、秋のお茶会が開かれるようです(10〜16時)。
母屋の中が一般公開され(入場無料)、お庭でお抹茶(300円)をいただけるそうです。
鎌倉風致保存会の方々がいろいろとおもてなしをしてくれるようなので、
環境保全ボランティアに興味のある方は、声をかけられてみてはどうでしょう。
(トリコスタッフ/リ)

フラワーアート
今日は雑誌の撮影打ち合わせで、
銀座にあるジェーン・パッカー フラワースクールに行ってきました。
近頃は男性も花やグリーンに興味があるようで、
ショップにさっと立ち寄って自宅用のお花を買っていかれるそうです。
男性に人気なのは、カラーやバラといった色やかたちのはっきりしたもの。
グリーンだけを1本というパターンも多いとか。
写真は「モンステラ」といって、モダンなイメージのグリーン。
大きめでかたちのきれいなものを1本飾るだけで部屋の雰囲気が変わりそうですね。



今年発表されたジェーン・パッカーさんの作品集「COLOUR」には、
自宅でできるフラワーアレンジメントのヒントがたくさん載っています。
装丁がきれいなので、そのままインテリアとしても楽しめそう。
www.janepacker-tokyo.com/