<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< プリントする前に少し、ピクトラン局紙について | main | 大判プリント つづき >>
大判プリント B0サイズ
今回のプリントレポートはギャラリーコスモスにて8/4から個展の井川義文氏の
「スイス山麓の四季」展用 


プリントサイズは縦1000mm 横1500mm ピクトラン局紙にプリントオーダー
元データは、Canon EOS 5D Mark2 で撮影された デジタルデータCDRを預かりました


スタジオトリコでは、EPSON PX-9500とPX-7500の機材で大判プリントしています


今回は、フォトブラックを使用しピクトラン局紙のプロファイルを使用
(プロファイルは去年スタジオトリコにてオリジナルで作ったもの)

大判プリントオーダーのデーターは、
作者自らサイズ確定したものを持ち込む方と今回のように
拡大前の状態で持ち込む方の両方対応しています

まず当たり前ですが、ピクトラン局紙の在庫チェック
大判(B0サイズ)の場合は当たり前ですが、1枚失敗プリントした場合の損失は大きいです
A2ぐらいの失敗とくらべると、精神的、金銭的に雲泥の違いです(特に高級用紙)


元データのサイズを拡大せず、逆に縮小しJPGデータ8bit A4サイズを作ります


軽いデータで軽快にテストプリントし画像の雰囲気を確認しながらフォトショップにてせめていきます



画面は、雪降る中、下方に見える3軒の家の屋根、その左には桜のような雰囲気?の木、遠景は山の斜面に家と牧草
春なのに雪が降り出した状況だと推測

次回につづく